卒業生のお店を取材!

イタリアン・レストラン「girasole」

地元に愛されるイタリアン


織田調理の卒業生 小林シェフと矢作さんが経営するイタリアン・レストラン「girasole(ジラソーレ)」は、こだわりの生パスタと、和牛を使った肉料理がメインのお店です。おしゃれかつアットホームな雰囲気も感じさせるこのお店は、多くの地元の方がリピーターとして定着しています。
※ 2019年に行われた取材です。



お店は、東京メトロ東西線 妙典(みょうでん)駅の南口から徒歩5分ほどの住宅街の中にあります。ガラス張りの壁にはワインボトルが並びます。


内観はワインレッドを基調にした落ち着いた雰囲気ですね。


ランチメニュー、ディナーコース、お子様メニューもあります。時間、年齢層問わず食事を楽しめるレストランです。

メニューはパスタと肉料理が中心!

今日は定番のメニューと、本日のおすすめメニューをオーダーしました。


シェフの気まぐれイタリアンサラダ
レタスの上に乗っているのは、サラミソーセージ、トマト、モッツアレラチーズ、オリーブ。そして、細かくきざんだオムレツ。フレンチドレッシングをかけて。
その日によって内容は変わります。



コショウダイのカルパッチョ
本日のおすすめとして紹介された限定のメニュー。岡山県産のコショウダイのカルパッチョを野菜のピクルスと一緒に。こりこりした歯ごたえのある食感で、ちょうどいい酸味が効いています。産地や魚の種類は日によって変わり、たまたまこの日はコショウダイでした。



和牛しんたま バルサミコクリームがけ
牛のしんたまという希少部位に、バルサミコクリームをかけた冷菜。柔らかい食感で赤身が多く、脂は乗っているもののあっさりとしていて食べやすいです。香り高いブドウの果汁が凝縮されたバルサミコクリームが、しんたまの旨味を引き立てています。



ズワイガニのトマトクリームパスタ
「美味しいパスタを食べてほしい」というgirasoleの命題が詰まった一品。お店オリジナルの生パスタに、カニの身がたっぷり入った濃厚なトマトクリームソースがよく絡みます。口いっぱいに広がるカニの風味は食べ切った後も残り続けていて、また食べたいと思わせるほどに癖になる味わいです。



和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
注目してほしいのはその柔らかさ。2段階に分けてじっくり煮込むホホ肉は、ナイフを入れただけで崩れてしまいそうな感覚。食べた瞬間に肉の繊維が一気にほぐれ、とろけるように肉の旨味が浸透していきます。コクのあるソースは付け合わせのバケットやマッシュポテトとも相性抜群で、二度あるいは三度も楽しむことができます。



クリームブリュレ
冷たいカスタードプリンの上に、焦がしカラメルを乗せたデザート。カスタードの甘みとカラメルの苦みが絶妙に合わさり、程よいすっきり感があります。まさに食後にぴったりです。

シェフへインタビュー

「同じクラスだった2人が合流してレストランを」

右が小林シェフ、左が矢作さん。おふたりとも2009年に織田調理師専門学校 調理師科を卒業。

―― girasoleがスタートしたのは、いつ頃ですか?


小林 このお店をはじめたのは2016年のときです。それまでは別のイタリアン・レストランで修行をしていました。そして、織田調理で同じクラスだった彼と合流して、2018年からは2人体制になりましたね。

矢作 僕は織田調理を卒業してから、フレンチを4年、イタリアンで3年修行をして、そのあと1年間イタリアに留学していました。フレンチも経験していたこともあって、girasoleのメニューにはその要素も含まれています。

小林 最近はジャンルにこだわらず、くだけた感じのメニューも展開してますね。パスタっていう大きいテーマはあるので、一応イタリアンの体裁は保ってますけど(笑)

「地域との繋がりの中で、メニューもお店の雰囲気も変わる」

お店のある市川の特産品「市川トマト」を使ったメニューが掲載されている。

―― 限定メニューに地名がついていたり、店内を見回すとボードに絵が飾ってあったりしますね。


小林 地元で獲れた野菜や魚を譲っていただくことがあって。それらを使ってレシピを考えて、限定メニューとして提供してます。あと、これらの絵はほぼ、常連のお父さんやお母さんに連れられてくるお子さんが書いたものです。せっかくだし、お店に飾らせてもらおうって。改めて見てみると、ずいぶん増えてますね(笑) 本当に地元の方にはよくしていただいています。

「自分の料理をはじめて家族に振る舞ったとき、『美味しい』って言ってくれた」

看板メニュー 「ズワイガニのトマトクリームパスタ」を作っている様子。

―― おふたりが調理師を目指したきっかけ、またジャンルをイタリアンに決めたきっかけは何だったのでしょう?


小林 料理をはじめたのは、当時流行っていたドラマの影響でした。「バンビ〜ノ!1」っていうイタリアン・レストランが舞台の。主演の松本潤さんが劇中でパスタを作る姿が格好良くて。自分でも作ってみたいなと思いました。はじめて家族に振る舞ったのもパスタでしたね。「美味しい」って言ってくれたのが嬉しくて、それが今に繋がってます。

1 バンビ〜ノ!…せきやてつじさん原作の料理漫画。2007年に嵐の松本潤さん主演でドラマ化され、話題を呼んだ。

「調理師って部分では迷うことはなかった」


矢作 僕は父がラーメン屋をやっていたので、もともと飲食が身近にある環境でしたね。だから、進路を考えるってなったときも、調理師って部分では迷うことはなかったです。そして、織田調理に入学して、学校の紹介でアルバイトをさせてもらっていたレストランが西洋料理のお店だったので、本格的にこのジャンルに進むことに決めました。

「『girasole=美味しいものが食べられる場所』 自分の料理を提供し続けていきたい」

―― お店を経営し料理を提供する上で、ご自身が大切にしていることを教えてください。


小林 girasoleはイタリアン・レストランとは言ってるものの、純粋なイタリアンではないです。他のジャンルであっても、興味の持てるものは積極的に料理の中に取り入れています。最近だと、和のテイストを入れることが多いですね。邪道かもしれないけど、僕は自分にしか出せない料理を提供し続けたいです。「girasole=イタリアン・レストラン」ではなくて、「girasole=美味しいものが食べられる場所」と思ってもらえたら。お客様はもちろん、スタッフ、そして自分自身も楽しめるお店を作っていきたいですね。



イタリアン・レストラン girasole

関連ランキング:イタリアン | 妙典駅

 

 

Contact Us 各種ご相談・お申し込み・お問い合わせ

体験入学参加のお申し込みはもちろん、気になることがあれば、何でもご相談ください

アクセス

織田調理師専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-30-6
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩3分