校長メッセージ

「聞き分ける」「見分ける」「嗅ぎ分ける」「味わう」「触れる」
五感をフルに使って学んでください。

調理師の活躍の場は、病院や学校、会社の食堂、レストラン、ホテルと多種多様に存在しています。
また、場によって求められることや仕事内容も異なります。
それぞれに対応できる技術と知識が必要とされることから、柔軟性や現場対応力も調理師にとって欠かせない資質といえるでしょう。

それを身につけるためにも、「聞き分ける」「見分ける」「嗅ぎ分ける」「味わう」「触れる」という人間の五感をフルに使い、普段の食生活から『食』を見直していくことが重要です。
見た目や思い込みにとらわれず、まずは何でも自分で食べてみて、舌を鍛えることも大切だと思います。
そうして身体で覚えた技術や知識は、料理人にとって生涯の宝物となるでしょう。

料理は、人に感動を与えることができるものです。そして料理人は、その感動を自らの手で生み出すことができる素晴らしい職業です。
本校では、おもてなしの心やセンスも磨ける授業を用意し、人としても魅力あふれる調理師を育成しています。

この充実した環境を活用し、自分の好きなことを一生の仕事にしてください。
その一歩を踏み出そうとしているあなたの夢の実現を、全力でサポートします。

校長 石田 稔(いしだみのる)

Contact Us

各種ご相談・お申し込み・お問い合わせ

アクセス

織田調理師専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-8
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩1分