在校生VOICE

「調理師になろうと思ったきっかけ」「将来の目標」「学校の魅力」を学生たちにインタビュー!

調理技術経営学科

藤本 修希さん

藤本 修希さん [千葉県立 市川南高等学校 出身]

 

――調理分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

弟の誕生日にご飯を作ってあげたとき、美味しそうに喜んで食べてる姿を見て、とても嬉しかったことです。決めたのは高校2年生のときです。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

ホテルの料理人になって、味だけではなく、見た目から度肝を抜く料理を作りたいです。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

クラスはみんな仲良く楽しい環境です。また放課後練習があるので、授業時間にわからなかったことを復習できるのもいいところです!

 

――調理分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

調理師を目指すか迷ってる人はまず色んな学校のオープンキャンパスに行って、料理の魅力に気づいてくれたら嬉しいです。

石田 蛍杜さん

石田 蛍杜さん [私立 八洲学園高等学校 出身]

 

――調理分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

オープンキャンパスに行ったことがきっかけです。全ジャンルの料理と経営を学べるのが決め手です。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

まだ決め切れてはいませんが、今は日本料理のお店で仕事をしたいと思っています。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

先生がみんな優しい、面白い!クラスもみんな優しくて授業が楽しいです。駅から近いのも魅力だと思います。

 

――調理分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

調理師学校は厳しいイメージを持たれがちですが、織田調理はないです!自分のクラスに限らず、他のクラスとも仲良くなれます!色んなジャンルを学べて、先生とも生徒とも楽しく過ごせるのでオススメです。 実習では技術や豆知識などが学べて、座学では衛生や経営、料理の歴史などについて学べて面白いです。

大谷 正悟さん

大谷 正悟さん [東京都立 農芸高等学校 出身]

 

――調理分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

決めたのは高校3年の夏です。もともと食品系にいきたくて、その中で一番自分にあいそうな調理を選びました。他の調理学校のオープンキャンパスにも参加したうえで、より織田調理の良い部分が見えてきたことが決め手になりました。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

職場のイメージはまだはっきりとしていませんが 厳しい面はありながらも、チームで支えあえる職場がいいです。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

やはり、先生と生徒の距離が近いことです。自分の性格だとあまり、前に出ていくタイプではないので、 距離が近いと相談も軽くできますし、内気な学生も前に出てきやすいと思います。

 

――調理分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

まだ迷ってる人もいると思います。3年生の人なら、色々な学校に行くことをおすすめします。様々な視点で学校を見て、自分がその学校に入学したらちゃんと学べるかどうか、イメージしてみてほしいです。 1年、2年の人は、進路の話は頭の片隅にでも置いときながら、気軽にオープンキャンパスに来てほしいです。

七五三野 匠さん

七五三野 匠さん [千葉県立 浦安高等学校 出身]

 

――調理分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

進学を決めたのは高校3年の7月くらいです。決め手になったのは放課後練習があることと、学生と先生の距離が近いことです。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

将来は経験を積んで、いずれは自分のお店を開きたいです。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

話しやすい先生ばかりなので、実習など学校生活がすごく楽しいです。あと、中野駅北口から右に向かってまっすぐの場所に学校があるので道に迷いません!

 

――調理分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

放課後練習があって授業外でも練習できるので、やる気がある人はすごく上手くなります。ぜひ!

調理製菓製パン科

小林 優太さん

小林 優太さん [埼玉県立 川口北高等学校 出身]

 

――調理・製菓分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

高校3年生の頃です。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

まだ考えている最中です。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

全部のジャンルの料理を学べることが魅力です。

 

――調理・製菓分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

製菓製パンとすべての料理ジャンルを、時間をかけて学べる学科なので、将来のイメージがまだ固まってない人も力をつけられると思います。

小林 あいさん

小林 あいさん [千葉県立 松戸六実高等学校 出身]

 

――調理・製菓分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

高校2年生のときです。もともとお菓子作りが好きだったのですが、製菓だけでなく様々な調理の専門学校のオープンキャンパスに参加しました。そんな中で調理師にも興味を持ち、料理も含めて幅広く学びたいと思ったのがきっかけです。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

お客様の笑顔を間近で見られるようなブッフェスタイルがあるホテルで、料理の美味しさだけでなく、おもてなしの面でもこだわって料理を提供したいです。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

行事が多いので、クラス内だけでなく他クラスや先輩方とも交流を深めることができます。分からないところを聞いたり、励まし合ったりしながら頑張っています。先生の授業もとてもわかりやすくて面白いので、とても楽しいです。分からないところは放課後に先生方が丁寧に教えてくれるので、確実に技術を伸ばせる環境だと思います。

 

――調理・製菓分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

やりたい分野が明確に決まっていない方や、幅広いジャンルの料理に興味がある方は、織田調理で学んで、どの道に進むかを決めるのもいいと思います。調理師に少しでも興味があれば、オープンキャンパスに参加してみてください!

栗原 このかさん

栗原 このかさん [東京都立 瑞穂農芸高等学校 出身]

 

――調理・製菓分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

高校3年生の夏にオープンキャンパスに参加したことが決め手になりました。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

宿で働きたいと思っています。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

日本料理、西洋料理、中国料理、製菓製パンなど幅広く学べるのが魅力です。

 

――調理・製菓分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

調理師に興味のある方、オープンキャンパスでお待ちしています!

三宅 翔さん

三宅 翔さん [東京都立 日野高等学校 出身]

 

――調理・製菓分野へ進学する決め手になったのは何でしたか?

両親の影響で中学生の頃から料理が好きでよく作っていて、好きなことを仕事にしたいと思ったのが決め手になりました。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

まずはホテルやパンの専門店で経験を積んで、ゆくゆくは自分の店を開きたいと思っています。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

先生との距離が近く、疑問に思ったことを授業中や放課後練習ですぐ質問できるところが魅力です。

 

――調理・製菓分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

調理の分野だけに限らず、自分が興味を持っていることを何でも体験してみて、本当に好きなことを見つけてください!

調理師科

横田 流星さん

横田 流星さん [埼玉県立 和光高等学校 出身]

 

――調理分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

早く現場で活躍したかったので、最速で調理師免許を習得できる学科を選びました。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

学校を卒業してから3年ほど経験を積んで、いずれはイタリアへ渡りたいです。そして、そこで得た経験と体験を自営業に活かしたいと思っています。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

少人数制なので、先生が学生一人ひとりに対して、丁寧に指導してくれる点が良いところです。さらに放課後練習もあるので、自分の苦手な技術を先生から直々に教えてもらえます。

 

――調理分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

「調理師免許を取得して何をしたいか」「調理への関心」「やる気」。この3つが大事だと思います!

谷口 想来さん

谷口 想来さん [東京都立 小平南高等学校 出身]

 

――調理分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

高校3年生のときに、自分の作った料理を人に食べてもらう喜びを知ったことが決め手になりました。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

やりがいを感じられる職場で、責任感が求められる仕事に挑戦したいと思っています。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

学生と先生の距離が近いところ、就職のサポートが充実しているところ、行事が多いところが魅力です。

 

――調理分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

学校によって合う合わないがあると思います。なので、複数のオープンキャンパスに参加してみてください。織田調理は先生と話しやすいですし、学生同士も仲が良いので、みんなで切磋琢磨しながら技術を身に付けていけると思います。

大竹 慎之介さん

大竹 慎之介さん [千葉県立 市川南高等学校 出身]

 

――調理分野への進学を決めたのはいつ頃でしたか?また、決め手になったのは何でしたか?

高校3年生の時です。別分野にも興味がありどちらへ行くか迷っていました。ですが、織田調理のオープンキャンパスに参加して、自分が知らなかったたくさんの料理の魅力を知り、もっと知りたい!学びたい!と思い、進学を決めました。

 

――将来はどんな職場でどんな仕事をしたいですか?

ホテルで西洋料理の仕事をやりたいと思っています。西洋料理は食材そのものを活かしたソースや調理方法があるので、西洋料理の良さを海外の人だけでなく日本の人にも広めていきたいです。

 

――あなたの思うodaの魅力は何ですか?

充実の調理実習です!毎授業、丁寧に分かりやすく教えてもらえます!また、放課後練習では先生からマンツーマンで指導を受けられることもあります。自分のスキルがどんどん上がっていくのが目に見えます!実際に業界で活躍していた先生方ということもあって、現場での動きなども教えてもらえます!!

 

――調理分野への進学を迷っている人に向けてメッセージをお願いします。

進路について悩むこともあると思いますが、複数のオープンキャンパスに参加して、本当に自分が納得のいくやりたいことを見つけてほしいです!少しでも調理分野に興味がある方は是非遊びに来てください!!

先輩たちが所属する
学科はこちら

調理技術経営学科 [2年制]

織田調理師専門学校_製菓実習中の学生

調理技術や知識に加えて
経営・サービスの実践的な技術を習得

こんな人におすすめ!

  • 自分のお店を持ちたい
  • 料理長になりたい
  • 高度な調理技術を学びたい
  • 時間をかけてじっくり学びたい

調理技術経営学科

調理製菓製パン科 [2年制]

織田調理師専門学校_西洋料理の調理実習中の学生

2年間で調理・製菓製パンの分野の技術と知識をしっかりと学び、自分の料理の幅を広げる。

こんな人におすすめ!

  • 調理だけでなく製菓と製パンも学びたい
  • 調理師免許が欲しい
  • 製菓や製パンのお店で働きたい
  • 時間をかけてじっくり学びたい

調理製菓製パン科

調理師科 [1年制]

織田調理師専門学校_中国料理の調理実習中の学生

1年間で免許取得に必要な技術と知識を効率よく学びます。料理業界でプロを目指すための最短学科です。

こんな人におすすめ!

  • 最短で資格を取りたい
  • 短期間で効率よく学びたい
  • 即戦力となる技術を身に付けたい
  • すぐに現場で働きたい

調理師科

オープンキャンパスで
先輩たちと話してみよう!

織田調理師専門学校のオープンキャンパスの調理実習で作れるボロネーゼ

毎回違うメニューに挑戦!

織田調理師専門学校のオープンキャンパスの調理実習で作れる寿司と茶碗蒸し

様々なジャンルを体験できる!

TOP TOP