織田調理師専門学校 >  学科・実習 > 調理製菓製パン科

検索結果

調理製菓製パン科

調理・製菓・製パンをしっかり学ぶ
織田調理師専門学校では、現場で即戦力として活躍でき、フレキシビリティのある人材を育てることを教育の目標に掲げています。調理製菓製パン科では、1年次に調理全般の基本技術と知識を徹底的に習得し、デッサンなどの美学を通じて感性も磨きます。2年次には製菓製パンに関して幅広く学ぶだけでなく、フランス語やディスプレイ、ラッピングなど、即戦力を養う授業を数多く用意しています。さらに大きな特徴として、1年次・2年次ともに調理実習・製菓製パン実習の時間が多いことと、高い実践力を養う校外実習が充実していることが挙げられます。
就職に関しても、40年を超える伝統を背景とした業界との太いパイプを武器に、学生本人の夢や希望・目標に合わせ、調理部門・製菓製パン部門の幅広い就職先に対応する体制を整えています。
調理師国家資格と製菓製パンの専門技術の両方を手に入れることができる、やりがい多い学科です。

学びのポイント

製菓・製パンを学ぶ
レストランで出されるプレートのデザートやコース料理に適したバゲット等のパンから、街の小売店で販売されるショートケーキ等のスイーツや食パンまで製菓・製パンを幅広く学びます。
製菓・製パンを学ぶ
調理師免許を活かした就職も可能
製菓製パンを学ぶだけでなく、2年間を通じて調理師免許も取得。これにより就職業界の幅が広がります。
調理師免許を活かした就職も可能
徹底的に技術が身につく
調理実習・製菓製パン実習・校外実習合わせて2年間で800時間にも及ぶ実習を行うので、徹底的に技術が身につきます。
2年次の実習は全てが製菓製パンとなります。
徹底的に技術が身につく

2年間の学び

1年次:日本・西洋・中国料理、製菓の基本技術と知識を学ぶ

包丁の扱い方や器具の名称から始まり、日本・西洋・中国料理、製菓の基本技術と知識を学びます。実技だけでなく、資格取得に必要な栄養学や調理理論なども習得。また、集団調理実習や経営学等もある充実したカリキュラムとなっています。
1年次:日本・西洋・中国料理、製菓の基本技術と知識を学ぶ
時間割り例[1年次 前期時間割例]
MON
TUE
WED
THU
FRI
1
調理実習
食品学
調理実習
経営管理学
保健・体育
2
経営管理学
公衆衛生学
3
調理理論
調理理論
栄養学
調理実習
調理実習
4
食品学/調理美学
食品衛生学
衛生法規

2年次:製菓製パンを本格的に学ぶ

製菓製パンに特化した1年となり、授業は実習が主体となります。本格的に取り組む製パンについては基礎からしっかり学びます。また、店舗ディスプレイやコンピュータ操作、ラッピング(パケカド)等、社会ですぐに必要となる知識や技術も習得します。
2年次:製菓製パンを本格的に学ぶ
時間割り例[2年次 前期時間割例]
MON
TUE
WED
THU
FRI
1
コンピュータ実習
フードコーディネート
/店舗ディスプレイ
製菓製パン実習
フランス語
保健・体育
2
食品学
公衆衛生学
3
製菓製パン実習
栄養学
パケカド
製菓製パン実習
製菓製パン実習
4
食品衛生学

履修科目と時間割例

履修科目[時間]
授業科目
講義時間
実習時間
総時間数
調理実習
 
 
300
 
300
 
製菓製パン実習
 
トレトゥール 
300
 
300
 
シュガークラフト
飴細工
製菓実習・製パン実習
校外実習 
 
200
200
調理美学・デッサン 
30
 
30
フードコーディネート・店舗ディスプレイ 
20
 
20
パケカド 
10
 
10
チーズ・ワイン・リキュール学 
30
 
30
食文化概論 
30
 
30
衛生法規 
30
 
30
公衆衛生学 
120
 
120
栄養学 
120
 
120
食品学 
100
 
100
食品衛生学 
100
 
100
食品衛生学実習 
 
30
30
調理理論 
150
 
150
製菓理論 
30
 
30
経営管理学 
70
 
70
外食産業論 
30
 
30
サービス論 
30
 
30
外国語(英語・仏語) 
40
 
40
コンピュータ実習 
 
45
45
保健・体育 
 
30
30
合計
 
940
905
1845

主な履修内容

調理実習

日本・西洋・中国料理と製菓の各料理を基本から応用まで学びます。包丁の持ち方に始まり、切り方、素材の扱い方とステップアップ。身についた技術を駆使して本格的な料理が作れるまでに成長します。

調理美学

美味しそうなものは見た目の美しさも兼ね備えているものです。盛り付け、中でも色あいはとても重要です。調理美学では、色彩感覚やデッサンを通じての物の捉え方を学びます。料理やお菓子の完成品をイメージスケッチするなど、盛り付けに必要な感性を磨きます。

製菓実習

ヨーロッパのお菓子を中心に、流行のものや人気のもの、伝統菓子や和菓子にいたるまで幅広く習得。シュガークラフトや飴細工も学びます。また、ヨーロッパで人気のトレトゥール(お菓子屋のお惣菜)も実習し、カフェ等での応用力を養います。

製パン実習

食パンなどの食事用パンやバゲットなどのハード系、クロワッサンなどのデニッシュ系といった代表的なパンはもちろんのこと、古典的なものから現代風なパンまで世界各国のパンを学びます。日常生活にとけこんでいるパンを実習を通じて深く知ります。