ヘルシーで美味しい中華を

織田調理師専門学校の卒業生 繁野佑介シェフと麻美さんご夫妻が経営する中国料理店「しげ乃」は、「健康的でヘルシーな中華」をコンセプトにしたお店です。また、季節ごとにメニューが大きく変わるため、いつ行っても新しい料理との出会いが期待できます。 ※ 2019年に行われた取材です。

お店は、JR中央線 国分寺駅の北口から徒歩3分ほど歩いた場所にあります。ぱっと見の外観はカフェやバーのようにも見えます。

中に入ると、調理場が見えるカウンター席が目に入ります。

テーブル席も用意されているので、友人を誘っての利用もできますね。

季節の食材をふんだんに使ったメニュー

前菜4種

この日はレンコンとザーサイのサラダ(左下)、よだれ鶏(右下)、干し豆腐と金糸瓜の和え物(右上)、タコとオクラのジャオマソース(左上)の4品。特にお店オリジナルの辣油を使ったよだれ鶏が印象的です。ピーナツ油とねぎ油がブレンドされている辣油は辛さが控えめな分、より香りを感じられるようになっています。

ベビーホタテ えび くわいの春巻き

皮はパリパリ食感で、魚介の旨味がギュッと詰まった春巻きです。左右に添えられているシェフが創作した「すだち醤油塩」。これを少しつけるだけで、そのまま食べたときとは全然違った印象になります。素材そのものの良さが残る後味と、すだちのすっきりとした後味の両方をこの1品で楽しむことができます。

杜仲豚の角煮 にんにく醤油ソース

4時間かけて調理された塩味の角煮はほろほろな食感。秋田名産の「杜仲豚」が使われていることもあって、脂っこさはなくあっさりとしていて食べやすいです。ソースのかかった空心菜とねぎと一緒に食べることで、本来の柔らかい角煮に野菜の食感とにんにくの香りがプラスされ、味も塩から醤油に様変わる2面性のあるメニューになっています。

蓮の葉包み炒飯

せいろの中に敷かれた大きな蓮の葉に炒飯が包まれています。炒飯には蓮の葉の香りが十分に染み込まれていて、とても優しい味わいです。塩チャーシューや醤油で味付けられたタケノコと合わせて食べると、蓮の葉の香りを残しつつも、それぞれの良さが引き立つようになっています。TV番組でも紹介されたしげ乃人気の逸品です。

紹興酒プリン ビーツのソース

紹興酒の味や香りがしっかりと感じられるプリンです。アルコールはとんでいるので、お酒の弱い人でも食べられます。サトウダイコンの一種であるビーツが使われているソースは自然な甘さ。紹興酒プリン本来の味と香りをなくすことのない、絶妙な組み合わせです。

しげ乃オリジナル辣油(お土産)

お土産用にオリジナル調味料も用意されています。実際にお店で提供されている料理にも使われている「しげ子の辣油」と、辣油を作るときにできる粉「しげ粉」です。いろんな料理に辛さと香りを足したいときに使える万能な調味料です。少し加えるだけで大きく風味が変化します。

シェフへインタビュー

「今しかないタイミングでオープン。妻のサポートのおかげ」

シェフの繁野佑介さんと麻美さんご夫妻。おふたりとも調理技術経営学科を卒業。同級生だった。

―― お店を出すことになった経緯を教えてください。

佑介さん 自分のお店を持ちたいという思いは、学校に入学してからずっと持っていました。卒業して中国料理店に就職して料理長も経験して、少しずつ段階を踏んでいったのですが、今の環境のままじゃ限界を感じることも多くなってきて。頭打ちになってきたんですよね。そこで「いつか持とう…いつか持とう…」と思い続けていた自分のお店を、「だったら今持とう」と考えるようになっていきました。まさに、自分の中で今しかないタイミングでオープンすることができました。妻のおかげという部分がかなり大きいです。自分の考えを受け入れてくれて、サポートしてくれた彼女には本当に感謝しています。

「SNSを使って積極的に広報活動を」

―― お店の広報は奥様である麻美さんがされているそうですね。

麻美さん そうですね。「しげ乃」では、公式LINEアカウントやInstagram、TwitterやFacebookなどのSNS全般を利用していて、Googleを使った広報なども行っています。 佑介さん 自分はその辺全然わからないので、彼女に任せてますね(笑)。うちのお店の広報担当です。

麻美さん (笑)。「しげ乃」は外から見ると中国料理店には見えませんよね。敢えてそういう外観にしている部分もあるのですが、その分何も発信しなければ機会を逃すことにもなるので、SNSを積極的に活用していくことはとても大切なことだと実感しています。「しげ乃」では、様々なキャッシュレス決済にも対応しています。

「健康的でヘルシー。季節の食材も使用して」

―― しげ乃はどういうお店なのでしょう?

佑介さん 一番大きなものとして、「健康的でヘルシーな中華」というのがあります。十分な満足感を得られるように心掛けているのはもちろん、それに加えて化学調味料を一切使わないことだったり、できるだけヘルシーで胃もたれしないことだったりを意識してメニューを考えています。そういったこだわりもあってか、女性のお客様からの人気が高くて、カップルでお越しになるお客様も多いです。女性複数人でのご利用いただくこともありますね。

―― 今日提供していただいたメニューでは季節を感じさせるものも多く感じました。

佑介さん その時期に美味しいものを作って出すことにもこだわっています。レギュラーメニューももちろんありますけど、少なめです。リピーターの方も多いので、いつ来ても新しいメニューが楽しめるようにしていますね。飽きられないように。ディナーで提供している「季節のコース」のメニュー変更も頻繁です。 麻美さん 一時期、1ヵ月ごとにメニューを変えてたこともあったよね。 佑介さん さすがにそれは早すぎたかなと思って、今は1ヵ月半に落ち着きました(笑)

「一品で2面性のある料理を楽しんでもらいたい」

―― どの料理にも2面性があるといいますか、味や香りを変化させて楽しむことができました。こちらもこだわりのポイントなのでしょうか?

佑介さん ですね。自分でも作っていて飽きないような仕掛けを常に考えながらメニューを考えています。今回お出しした春巻きに添えられている柚子醤油塩はそういった発想から来ています。 麻美さん 一品で味や風味を変えられるメニューを考えるの好きなんだろうなって思ってます(笑)

―― クリエイター的な感性をお持ちですね。

佑介さん 自分も料理していて楽しいと思う感覚や好奇心は、とても大切ですので。そうやって試行錯誤して作ったメニューを一品一品、お客様にいろいろな楽しみ方をしていただけたら嬉しいです。

中国料理 しげ乃

関連ランキング:中華料理 | 国分寺駅