パン作りの技術を学校で学ぶ

パン作りに必要な技術を身につけるにはどうしたらいい?


パン職人(ブーランジェ)に必要な資格

パン職人になるのは難しいのではないか? と思っている方もいらっしゃいますが、パン職人には特に学歴は必要なく、義務教育を卒業してパン屋や工場の採用試験に受かれば、就職して現場で働くことができます。
また、特に資格も必要ありませんが、パン製造技能士といった資格もありますので、資格にこだわる方はもちろん取得しておいて損はありません。身についている知識の証明書としては有効だと言えるでしょう。

では、実際にパン職人になるにはどのような道があるのでしょうか。

パン職人になる方法

パン職人になる方法に大きく以下の3通りのケースがあります。

1.パン屋で修行する
「学校に行くための時間や経済的な余裕がない」、「現場で修行して早く一人前になりたい」という人は、学校には行かずにパン屋に就職して下働きからスタートしてキャリアを積み、一人前のパン職人を目指すという道があります。

2. 独学でパン職人になる
最初は趣味で始めたパン作りを仕事にし、自宅などで開業するケース。

3.学校で学んだ後、就職する
一般的には高校を卒業してから全日制で1年制または2年制の専門学校に通います。一方、社会人からパン職人を目指す方が土日など休みの日だけスクールに通い、パン作りを学ぶケースもあるようです。

パン職人になるには特別な資格や学歴は必要なく、必ずしも専門学校に通わなくてもなれますが、実際に一人前の職人となるためには様々な知識や技術が必要となり、それを独学で身につけるのは非常に困難です。
また、自分で店を持つ場合、繁盛店にするためにマーケティングの知識なども必要となります。ただ作れるだけではダメなのです。

就職の面でも、多くのお店や企業は直接専門学校に求人を出すので、自力で希望通りの就職を叶えるのは困難です。

このような点を踏まえると、パン職人として社会で活躍するためには専門学校で技術を身につけた上で就職をするのが一番確実で、しかも結果的に近道だと言えるかも知れません。

織田調理師専門学校では……

織田調理師専門学校の「調理製菓製パン科」ではパン職人になるために必要な基礎技術と知識を身につけることができます。
もちろん、就職についても強力にサポートしますので、希望の就職を実現することも夢ではありません。

 

 

Contact Us 各種ご相談・お申し込み・お問い合わせ

体験入学参加のお申し込みはもちろん、気になることがあれば、何でもご相談ください

アクセス

織田調理師専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-8
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩1分