卒業生VOICE

人に尽くせば、必ず自分に返ってくる。

レディタン ザ・トトキ

十時 亨/オーナーシェフ

(社)全国調理師養成施設協会理事
フランス調理師協会日本支部参事
ACADEMIE CULINAIRE DE FRANCE会員
1976年 卒業
[福島県 勿来高等学校出身身]

フランス料理においてとくに名高いシェフを多く輩出しているレジャンスの渋谷店に2年勤めた後、ヨーロッパで6 年修業を積み、1992年に銀座のレカンの料理長となり11年勤務しました。そして、独立するなら体力も気力も充実している50歳前にと目標を定めていましたので、47歳のときに銀座に「レディタン ザ・トトキ」をオープンし、オーナーシェフとなりました。銀座はクラシカルな大人の街というイメージがありますが、若い方にも気軽にご利用いただけるフレンチレストランというのが店のコンセプトです。料理の世界を目指している方に伝えたいのは、人のために尽くしたことは巡りめぐって必ず自分に返ってくるということ。そして、自分が今ここに存在するのは、まわりの多くの人によって生かされているおかげということです。ですから、常に人に感謝しながら料理に取り組んでください。

安全を提供することも、この仕事の使命。

マンダリンオリエンタル東京

山中 学/バンケット副料理長

1992年卒業
[東京都 豊南高等学校出身]

織田を卒業後に京王プラザホテルのレストラン、六本木ヒルズ内のレストランを経て、現在のホテルのバンケット副料理長に就任しました。宴会や結婚式などで大勢のお客様がみえる空間で、自分を成長させたいと思ったのです。現在は、副料理長として現場全体を見ながらソースも担当しています。バンケットの醍醐味は、お客様と相談し、ご要望を反映させた料理で華やかな場を演出すること。それを完璧に行えるシェフを目指して毎日を送っています。学生時代はとにかく技術を磨くことに一生懸命でしたが、今になると「食品衛生学」「公衆衛生学」といった講義で得た知識がいかに重要かがわかります。この仕事は、食べてくださる方においしさを提供すると同時に、その方々の安全を確保しなければならないからです。
決して楽ではありませんが、お客様の笑顔や自分自身の成長を見いだすことができる素晴らしい仕事だと思います。

放課後の実習室で腕を磨きました。

株式会社 大志満 銀座コア店

飯塚 崇/調理スタッフ

調理師科2011年卒業
[束京都立 小平西高等学校出身]

加賀懐石料理「大志満」に調理スタッフとして勤めています。お客様に「おいしい」と言っていただけたときは、本当にうれしいです。織田調理は、放課後に実習室が開放されているので、先生からマンツーマンで包丁の扱い方、手入れの仕方などを教えてもらえます。学校で身につけた技術は、現場に出てとても役立っていると実感しています。

差をつけるなら、海外研修へ。

株式会社カーディサル サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店

堀 静香/調理スタッフ

調理技術経営学科2011年卒業
[千葉県立 八千代東高等学校出身]

「サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店」で、食材などの発注から、前菜、まかないづくり、掃除まで担当しています。学校生活で印象に残っているのが、ヨーロッパ研修です。 本場の雰囲気を学生のうちから味わえたことで、料理人としての見聞や視野、知識を高めることができました。ここでの経験は忘れられない宝物です。

好きな仕事に毎日携われる日々。

銀座アスター食品株式会社 ベルシーヌ池袋

加茂 陽介/調理スタッフ

調理技術経営学科2013年卒業
[東京都立 東大和南高等学校出身]

現在は、中国料理のお店で前菜を作ったり、鍋を振ったりと、様々な仕事を担当しています。スタッフへのまかないを作ることもありますが、織田調理で学んだ、和食・洋食など様々な料理ジャンルの基礎知識や技術は、現場でそのまま役に立つと実感しています。好きな仕事に毎日携われて、充実した日々を過ごしています。

後輩からも頼られる存在へ。

ホテルニューオータニ

中村 圭太

調理製菓製パン科2016年卒業
[埼玉県立 所沢中央高等学校出身]

ホテルのパティシエとして、カスタードを炊いたり、生地を仕込んだりと、仕込み担当をしています。自分が作ったケーキをお客様に買っていただける瞬間が私にとって最大の喜びです。落ち込んだり悩んだりすることもありますが、今後はもっと仕込みのことを勉強して、後輩からも頼られる存在になりたいです。

注意されたことを、次に活かせるかどうかが重要。

ハイアット リージェンシー 東京

益子 竜/調理スタッフ

調理製葉製パン科2014年卒業
[東京都立 中野工業高等学校卒業]

大竹 彩佳/調理スタッフ

調理製菓製パン科2015年卒業
[茨城県立 総和高等学校出身]

ホテルでも人気の「ペストリーショップ」で販売するパンを作っています。まだまだ新人のため、現場では注意されることも多いのですが、そこで落ち込んでしまうのではなく、注意されないようにするにはどうしたらよいのか、と次につなげて考えられる方が成功すると思います。みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。

学校で学んだことは、現場で必ず活かせる。

株式会社アール・ティー・コーポレーション

稲垣 緩香/調理スタッフ

調理技術経営字科2016年卒業
[私立 武蔵野高等学校出身]

高島屋グループ各店施設の社員食堂で、コンベクションという焼き場を担当しています。日々違うメニューを作っていることもあり、織田調理で幅広いジャンルの基礎を学んで身につけた技術は、様々な場面で役に立っています。放課後の実習室で、先生にマンツーマンで教えてもらえたことが、学校の思い出です。

Contact Us 各種ご相談・お申し込み・お問い合わせ

体験入学参加のお申し込みはもちろん、気になることがあれば、何でもご相談ください

アクセス

織田調理師専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-8
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩1分