校外実習

2月~3月にかけて実際の現場でプロと一緒に働くことができるのが織田調理の校外実習です。約1ヵ月の間、直接お客様を相手に実習するので、普段の授業とは違った発見や、普段の授業だけでは得られない気遣いを得ることができます。終了後は担任が個別面談を行い、実習で学んだことを活かした自分の就職について一緒に考える機会を持つなど、その後のサポートもしっかり対応しています。
2年制学科のみのカリキュラムとなっています。

実習先:ヒルトン東京

大貫更紗さん

調理技術経営学科2年
[神奈川県立上溝南高校出身]

“プロのチームワークを見れたことが、私自身の気づきに繋がりました。”

私はヒルトン東京で日本料理の校外実習を経験してきました。はじめは不安もありましたが、気さくな方が多く、話しやすい環境だったのが良かったです。校外実習では、プロのチームワークを見れたことが大きかったです。
常に先のことを考え、お互いがサポートし合う大切さを学ぶことができました。学校での実習中は自分のやるべきことで精一杯になりがちでしたが、実際に現場に出てみて自分の仕事以外にも目を向けなければならないことを実感したように思います。この校外実習での経験を通して、学校に戻ってからは実習班の他のメンバーの動きなどもよく見て行動するようになりました。とても達成感のある校外実習でした。

実習先:パレスホテル東京

菅野貴哉さん

調理製菓製パン科2年
[千葉県立国府台高校]

“新しい技術の習得と現場で働く意識の向上が、校外実習で得られたものです。”

私はパレスホテル東京で製パンの校外実習を経験してきました。指導を担当してくださる方に「わからないことがあったら、失敗する前に何でも聞いてほしい」と言っていただけたことが、非常に心強かったです。
そのおかげで安心して実習に臨むことができ、加えてこれから授業で学ぶ技や、ポイントなどを予習することができたのも校外実習の成果でした。また、校外実習を通して、特に気を遣うようになったのは衛生面です。直接お客様の口に入るものを作るので、普段の学校の授業とは緊張感が違います。食品を扱う現場では最も意識しなければならないことなので、これまでにない責任感を感じました。得られるものがとても多く、校外実習を経て現場で働くモチベーションが上がりました。

Contact Us

各種ご相談・お申し込み・お問い合わせ

アクセス

織田調理師専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-8
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩1分