調理技術経営学科

調理実習はもちろん、経営や美学などの
授業も充実しています


調理技術経営学科 丸山 泰子
[ 東京都立 目黒高等学校出身 ]


織田調理専門学校に入学を決めた一番の決め手は、体験入学の時に、補助をしてくれた在校生の方から実際の学校生活の話を聞いたことです。本当に楽しそうにお話ししてくださったので、私もこの学校で学びたいと強く感じました。また、日本・西洋・中国料理、製菓を全ての分野を学べること、経営や美学などの授業があったことも魅力に感じました。
調理技術経営学科 丸山 泰子
丸山泰子さんの1日を紹介
8:45  登校
中野駅に到着。会った友達とおしゃべりしながら学校へ向かいます。1時限目が実習の日は8:30頃、座学の日は8:50頃に登校します。駅から学校までは歩いても5分なのでとってもラクです。
登校
9:10  1時限目
1時限目は【食文化概論】でした。この日は"日本料理の特色"についての講義でした。この授業では料理人の歴史や、食志向などを学ぶことができ、とても興味深いです。
1時限目
10:40  2時限目
2時限目は【栄養学】。"微量元素"について学びました。この授業では栄養素の機能や、どの食品にどんな栄養素が含まれているか等を学びます。覚えることが多くて大変ですが、とてもためになる授業です。
2時限目
12:10  昼休み
午前中に調理実習が無い日は、クラスメイトと一緒にお昼ご飯を食べます。自分でお弁当を作ってくることもあるし、近所のスーパーやコンビニで買ってきたり、おいしいお店を探して食べに行くこともあります。
昼休み
13:00  3・4時限目
午後は【食品加工実習】。この日は大豆から豆腐を作りました。さらし布で漉す(こす)作業は熱くて大変でしたが、豆腐ができる過程が分かり、楽しかったです。班で協力して作った豆腐は、売っているものよりもおいしかったです!!
3・4時限目
17:00  下校
今日も忙しかったけど、色々なことを学び、友達とも遊んで充実した1日でした。今日も1日お疲れ様でした!
下校