織田調理師専門学校 >  就職・資格 > 卒業生VOICE

検索結果

卒業生VOICE

十時 亨
人に尽くせば、
必ず自分に返ってくる。


レディタン ザ・トトキ/オーナーシェフ
十時 亨

(社)全国調理師養成施設協会理事
フランス調理師協会日本支部参事
ACADEMIE CULINAIRE DE FRANCE会員
1976年 卒業[福島県 勿来高等学校出身]

フランス料理においてとくに名高いシェフを多く輩出しているレジャンスの渋谷店に2年勤めた後、ヨーロッパで6 年修業を積み、1992年に銀座のレカンの料理長となり11年勤務しました。そして、独立するなら体力も気力も充実している50歳前にと目標を定めていましたので、47歳のときに銀座に「レディタン ザ・トトキ」をオープンし、オーナーシェフとなりました。銀座はクラシカルな大人の街というイメージがありますが、若い方にも気軽にご利用いただけるフレンチレストランというのが店のコンセプトです。料理の世界を目指している方に伝えたいのは、人のために尽くしたことは巡りめぐって必ず自分に返ってくるということ。そして、自分が今ここに存在するのは、まわりの多くの人によって生かされているおかげということです。ですから、常に人に感謝しながら料理に取り組んでください。

安全を提供することも、
この仕事の使命。


マンダリンオリエンタル東京 バンケット副料理長
山中 学

1992年 [東京都 豊南高等学校出身]

織田を卒業後に京王プラザホテルのレストラン、六本木ヒルズ内のレストランを経て、現在のホテルのバンケット副料理長に就任しました。宴会や結婚式などで大勢のお客様がみえる空間で、自分を成長させたいと思ったのです。現在は、副料理長として現場全体を見ながらソースも担当しています。バンケットの醍醐味は、お客様と相談し、ご要望を反映させた料理で華やかな場を演出すること。それを完璧に行えるシェフを目指して毎日を送っています。学生時代はとにかく技術を磨くことに一生懸命でしたが、今になると「食品衛生学」「公衆衛生学」といった講義で得た知識がいかに重要かがわかります。この仕事は、食べてくださる方においしさを提供すると同時に、その方々の安全を確保しなければならないからです。
決して楽ではありませんが、お客様の笑顔や自分自身の成長を見いだすことができる素晴らしい仕事だと思います。
山中 学