織田調理師専門学校 >  就職・資格 > 調理師とは

検索結果

調理師とは

 もし、皆さんが将来自分のレストランを開業したいと思った場合には、第一に【調理師免許】または【食品衛生責任者】の資格が必要です。
織田調理師専門学校では全ての学科で卒業時にこの両方の資格を取得することが可能ですが、ここでは国家資格である【調理師】について説明します。

調理師とは

 調理師とは、皆さんが利用するレストランや料理店等で料理を作る業務に従事している人のうち、国家資格「調理師免許」を所持している人のことです。
「シェフ」「板前」「料理人」等呼び方は様々ですが、「調理師」と名乗れるのは国が定めた【調理師法】により「調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者」だけとされています。
 この資格を持つということは、調理に関する正しい専門知識を有していることの証でもあります。
調理師免許

調理師免許を取るには~メリットとデメリット

 国家資格である調理師免許を取得する方法は、厚生労働省により以下の2通りと定められています。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、よく考えて自分に合った方法を選ぶことが大切です。
1. 厚生労働大臣が指定した調理師養成施設に入学し、必要な知識及び技能を1年以上修得し、卒業する。
本校のような調理師養成施設で学んで資格を取る方法です。
メリットとデメリットは以下のようなことが挙げられます。
[メリット]
・同じ夢を目指す仲間と一緒にお互い刺激し合いながら向上することができる。
・特定の料理に偏らず、幅広い知識と技術を習うことができる。
・学校行事等、調理以外の「学生時代ならではの体験」を数多く経験することができる。
[デメリット]
・学費がかかる。

2. 飲食店などで調理の実務を2年以上経験した後に、都道府県知事が行う調理師試験に合格する。
働きながら必要な技術を身につけ、国家試験を通じて資格を取得する方法です。
[メリット]
・収入を得ながら技術を身につけることができる。
・実際の現場でリアルタイムな技術や知識を得ることができる。
[デメリット]
・働いているお店のメニューにない料理を学ぶことが困難である。
・衛生法規や食品衛生学等、多くの専門知識は独学で勉強しなくてはならない。
 養成施設で学ぶには確かに費用が必要ですが、自力で勉強を続けることに自信の無い人には、確実な取得の道であると言えるでしょう。

調理師免許取得の条件

 原則として、中学校を卒業した人は上記の手段のいずれかにより調理師免許を取得することができます。
ただし専門学校の[専門課程]は高等学校卒業またはそれに準じることを入学条件としており、その場合は高等学校卒業が必要です。織田調理師専門学校の入学資格は高等学校卒業者かそれに準じる者となっており、これに該当します。
なお、一部の専門学校は[高等課程]という中学卒業者でも入学できる課程を備えています。また、一部の高等学校でも[家政科・調理科]等で調理師免許を取得できます。

調理師に必要な知識・技術

 調理師国家試験の出題科目は[食文化概論][衛生法規][公衆衛生学][栄養学][食品学][食品衛生学][調理理論]の7科目となっています。つまり、調理師は最低限これらの領域についての専門的な知識を有することを求められているのです。
織田調理師専門学校をはじめとする調理師養成施設では、これらの科目をその他の科目と結びつけながら体系的に学ぶことができます。
また、いくら調理理論をしっかり勉強して知識を得ても、その理論を実際に料理に活かせる技術を持っていないと、実際の仕事の現場では役に立ちません。
その点、調理師養成施設では、「指導のプロ」である実習教員が、各人の疑問をその都度作業の中で解消してくれます。
包丁の持ち方といった基礎の基礎からスタートし、高度なテクニックが身につくまで段階的に組まれた実習カリキュラムによって、幅広い技術の基礎を確実に身につけることができるのです。

実務の現場では、決められた手順で料理作りをこなすことに追われ、浮かんだ疑問を解決せずに済ませてしまうことも少なくありません。

調理師として働くということ

 2020東京オリンピック招致のプレゼンテーションでキーワードとして掲げられた「おもてなし」。本校ではかねてより「料理にはおもてなしの心が必要不可欠である」と指導していました。
料理を食べるお客様の気持ちになり、最後まで美味しく召し上がっていただくために、1つ1つの作業を心を込めて行うことで、結果としてその料理が美味しく出来上がるのです。
 しかし、どんなに心を込めようとしても、その調理技術が未熟ではお客様にお出しする料理を作ることはできません。
つまり、「確かな調理技術・知識とおもてなしの心」の両方を兼ね備えて初めて、プロの料理人として仕事をすることができるのです。
 以上、織田調理師専門学校で目指せる調理師についての説明です。